マットレスの上に敷布団?マットレスと敷布団の関係性とおすすめの使い方

オクタスプリング 布団

「マットレスの上に敷布団を敷いていいものなの?」

一度は、ふと疑問に思う時がありますよね。

そもそも、マットレスを購入するきっかけって、

  • 腰が痛くなったり
  • 一人暮らしを始める

だったりでしょう。

その時、寝具を選ぶプロがそばにいると良いのですが、結局お店に行くと、自分で決めるしかありません。

専門店などに行けば相談はできるでしょうが、ニトリとかだと絶対聞いてもわからなさそうですよね。

そこで、そんな時に役に立つ「マットレスと敷布団の関係性」についてまとめておきたいと思います。

どんなマットレスを使う予定なのか

そもそも、あなたの睡眠環境はどんな感じでしょうか?

そもそも、ベッドフレーム+スプリングマットレスなどの寝具がすでにある場合は、恐らくその上に敷くトッパータイプのマットレスが良いでしょう。
(硬さを調節する役目があります。)

ベッドフレームだけある場合は、スプリングマットレスが見た目的に良いでしょう。
※ただし、引越しの時などは場所を取るため結構不便。

もし、ベッドを買う予定がなく、床に直接置く場合は、三つ折りに折り畳めるマットレスがおすすめです。
※ただし、起床したら毎回畳む必要があります。でないと、マットレスの裏側はカビだらけになるかと。

個人的には、引っ越す時のことを考えたり、インテリアを変更することが多いので、必要のないときは折り畳んで収納できたり、処分しやすい三つ折りタイプのマットレスがおすすめ。

マットレスの上に敷布団を敷いていいのか

実は、基本的にはマットレスの上に敷布団を敷く必要はないんです。

マットレスはその上に人が寝るように設計して作られているので、本来はいらないんです。

(海外のドラマとかで、マットレスの上に敷布団なんて見たことないですよね?)

そもそも敷布団は日本のもの。

畳の上で寝る時のために作られています。

固い畳の上でも大丈夫なように作られているため、柔らかいマットレスの上に敷く必要はないというわけ。

それに、マットレスの上に敷布団を敷くとかなり通気性が悪くなって、寝ている間にかいた汗が発散されにくくなります。

カビの原因にもなるので、敷布団とマットレスを敷きっぱなしにはせずに、毎回片付けないといけないので面倒です。

マットレスに直接寝るのも良くない

かといって、マットレスに直接寝てしまうと、汗がマットレスに直接染み渡ってしまうので、おすすめできません。

シーツを準備するか、もしくはマットレス専用のパッドを購入して使ってみてください。

直接寝るよりも、マットレスの持ちがよくなるはずですよ!

マットレスと敷布団のまとめ

結局、寝具を新調するのであれば、

  • ベッドフレームを購入するのかどうか?
  • それに合ったマットレスを購入するのかどうか
  • 敷布団は持っているのか

こういった視点で、自分はどういう状況か確認してみましょう。

「ベッドフレームは置きたいから、マットレス+パッド+掛け布団だな。」とか、

「できるだけ安く済ませたいから、三つ折りマットレスを直置きで毎回片付けながら使おう」とか、色々と組み合わせが見つかるはずです。

先程ご紹介してきた、マットレスと敷布団の基本は頭に入れておいて、ご自分の好きなように使ってみるのが1番かと思います。

かくいう私も、三つ折りのマットレストッパーの上に敷布団を敷いて寝ています。

毎回片付けるのが億劫ですが、部屋を広く使えるので気に入っています。

あまり、神経質にならずに、自分の適切な睡眠環境を見つけてみてはいかがでしょうか?

おすすめのマットレスの賢い選び方
  • 寝付きが悪い
  • 古くなったマットレスを買い替えたい
  • もっと自分に合うマットレスが欲しい
  • しっかり寝て体を回復させたい
そんな睡眠環境を良くしたいなぁと思っているあなたのために、マットレスの選び方をご紹介しています。 マットレスの買い替えを検討中の方は、ぜひこちらをチェックしてみてください! マットレス 選び方

関連記事

高反発マットレス

高反発マットレスってどんなもの?マットレスの選び方とおすすめブランド3選

マットレス 三つ折り

折りたたみができて収納に便利!三つ折りマットレスのおすすめブランドをご紹介

腰痛

マットレスで腰痛対策!最大限の効果を引き出すための6つのポイント

トッパー

マットレストッパーとは?購入を考えるならおさえておきたい5つの基本事項