高反発マットレスってどんなもの?マットレスの選び方とおすすめブランド3選

高反発マットレス

高反発マットレスとは?

  • 身体が沈み込まず腰・肩・首の負担が小さい
  • 寝返りがうちやすい

このような特徴を持ったマットレスのことを、高反発マットレスと言います。

昔はスプリングコイルや、ポケットコイルタイプのものが多かったのですが、最近ではノンコイル系(主にウレタン素材)のものも増えてきました。

また、三つ折りにできる布団タイプのマットレスなども登場し、種類や使い方は様々に変化しています。

基本的には、体をしっかりと支えて、体圧分散をすることで日中の疲れを溜め込んだ筋肉を休めてあげる役割を担ってくれます。

低反発マットレスとの違いは?

そもそも、昔使われていたマットレスってスプリングコイルのタイプが多かったんです。

それとは違い、反発力が小さいタイプのものを低反発マットレスと言います。

寝転がった時の寝心地などは良いのですが、基本的には体が沈みやすくなっていて、体に負担がかかってしまうこともあります。

高反発マットレスを使った方がいい人は?

高反発マットレスは、しっかりと体を支えて、腰や背中にかかる体圧を全体に分散してくれるものが多いです。

簡単に言うと、寝転がるだけで綺麗な姿勢を作ってくれる優れものというわけです。

綺麗な姿勢で寝られると、体に負担がかからなかったり、日中ダメージの溜まった筋肉を休ませることができるんです。

なので、普段寝ても疲れが取れていなかったり、体が痛かったりする人におすすめのマットレスと言えます。

高反発マットレスの選び方

では、どういう風に自分に合う高反発マットレスを選んでいけば良いのでしょうか?

高反発マットレス選びの3つのポイント

良い高反発マットレスは、

  • 密度が30D以上
  • 厚み5cm以上
  • 寝てみて反発力があってちょうど良いか

が条件として挙がります。

これらをもとに、おすすめの高反発マットレスをランキング形式にまとめてみました。

おすすめの高反発マットレスランキング

楽天のショップふとんキングの『エイプマン』

エイプマンパッドH3というモデルが人気なんです。

三つ折り10㎝の厚さで、密度30D、硬さが170Nと全て満たしています。

それでいて、お値段15,800円(税込)+送料無料とかなりコスパの高いマットレスになります。

90日間お試し期間が準備されていて、手続きをすれば返品可能。

高反発マットレスを試してみたいという方にはおすすめです!

マニフレックス

90カ国で利用されているマットレスブランド『マニフレックス』。

2万円代から高級ラインまで取り揃えられていて、バランスが良いです。

エリオセルという高反発素材が使われていて、使い心地もバッチリです。

また、保証も基本的に10年ほど付いてくるものが多いので、安心して使い続けられるのが魅力的。

ちなみに、購入するのであれば、こちらの公式アウトレットがおすすめ。

普通で買うより3万円ぐらい値下がりしていたりします。

モットン

腰痛対策を目的として、日本人の体型に合わせて作られたブランドが『モットン』です。

厚み10cmで、密度30D以上で、100N、140N、170Nと硬さが選べます。

こちらも、90日間お試し期間が設定されているので、安心して購入ができますね。

価格はシングル39,800円(税込)+送料無料からのスタートなので、程よい値段帯。

腰痛を気にしている方は、まずはトライしてみると良いです!

関連記事

腰痛

マットレスで腰痛対策!最大限の効果を引き出すための6つのポイント

オクタスプリング 布団

マットレスの上に敷布団?マットレスと敷布団の関係性とおすすめの使い方

トッパー

マットレストッパーとは?購入を考えるならおさえておきたい5つの基本事項

マットレス 三つ折り

折りたたみができて収納に便利!三つ折りマットレスのおすすめブランドをご紹介